大分県佐伯市議会議員 後藤 幸吉 goto-koukichi.com


佐伯市
常盤南町3番27号
TEL0972-20-0088
FAX0972-22-1024


緊急報告! (平成21年9月24日付け)

市民の皆さん、550人の職員が働く大きな新庁舎が必要ですか?
歴史資料館は文化会館より優先ですか?
その1 ← 
その2 ←
 その3

 また、大手前の旧寿屋跡地に、複合型の大型施設を建設するとの方針が執行部より出ていますが、その構想と文化会館建て替えとの整合性は一切ありません。大手前に施設が建設されれば、文化会館建て替えの有力な候補地が無くなります。

 以前、私が一般質問で「新市庁舎や文化会館、また佐伯東校区の公民館など、各公共施設の整備構想は、どのような優先順位をつけているのか」と質したのに対し、当時の財務部長は「各構想は未だ具体化していないので、優先順位はありません」と答弁しています。

 それなのに、2期目の西嶋市政は新市庁舎と歴史資料館の建設を優先させています。これは以前の答弁を裏切るものです。

 この点からも、私は市長ら執行部を信用できません。計画性がまるで無い人達です。

 確かに、新市発足後、西嶋市長は職員数の削減など、行財政改革を進めて、一定の成果は上げてはいます。また、未就学児の医療費無料化など、子供や高齢者にやさしい施策を実施してもおり、その点は評価しています。それが先の選挙戦で過半数を制した理由かとも思います。
  

 繰り返しますが、一番大切なことは、具体的な計画を市民皆様に示して、ご理解を頂いた上で事業を進めることです。それが民主主義の政治です。

 市民の皆さん、市庁舎建設に対して、もっとご意見をお寄せください。私、ごとう幸吉は皆様の意見を市政に届けて参ります。

その1 ← 
その2 ←
 その3

Copy Right(C) 2009-2016 佐伯市議会議員 後藤 幸吉. All Rights Reserved.